タグ消去装置

Home » RF-EAS 盗難防止システム » タグ消去装置

最も重要なインターアクションはチェックアウト

小売企業は検知に重点を置きますが、タグの無効化もまた、店舗環境、カスタマー・エクスペリエンス(顧客経験)、ROI全体に影響を与える主要業績基準であり、店舗内のカスタマー・エクスペリエンス向上にとって重要です。

迅速なチェックアウトと精度高くタグを無効化することは、店舗出口における不要な発報を最小限に抑え、顧客満足度を高めるために極めて重要です。チェックポイントのタグ消去装置は、バーコードスキャナーへのインテグレ-ションも可能。スタッフは確信をもってRFラベルを無効化できますので、レジ業務に負担をかけません。確実に無効化できないシステムでは、顧客に迷惑をかけるほか、防犯ゲートから発報するアラームの信頼低下を招く恐れがあります。

タグ消去装置の機能

RFタグはレジのタグ消去装置を通過すると無効化されます。RFおよびRFIDラベルでは、無効化できる高さが他のテクノロジーよりも高いため、レジプロセスを迅速化し、確実に消去できます。その結果、ショッピング体験が向上します。

従業員の負荷を軽減。エコな消費電力。

チェックポイントのタグ消去装置は、商品をかざすだけでラベルを無効化するため、お客様をお待たせすることなく、またスタッフへの作業負荷もかかりません。

RFおよびRFID無効化に関わる時間の節約に加え、RFはAMテクノロジー等の他のテクノロジーより最大75%消費電力が少ないため、ランニングコスト、エネルギー消費、カーボンフットプリントを削減します。

将来のショッピング方法を変える

小売企業は現在、以前よりも店内でのカスタマー・エクスペリエンスを重視しなければなりません。一部の顧客にとって、レジプロセスにおけるフラストレーション、特にスピードに関するフラストレーションは、ショッピング体験で感じる最大のフラストレーションです。

チェックポイントの顧客から得た現在の店舗内チェックアウト体験の状況に関する知見と、小売業界の将来に焦点を合わせた当社報告書をダウンロードしてください。

Counterpoint iD (CPiD) タグ消去装置

盗難抑止、タグの無効化、検知

RFラベルを正確に無効化を実現、有意義なチェックアウト体験をサポート

有人レジでも、セルフレジでもチェックアウトでも、シームレスな購買体験を実現することは、顧客と良好な関係を維持するために極めて重要です。

Counterpoint iD (CPiD) ソリューションは無効化できる範囲が広く、商品がスキャナーまたはパッドを通過した際、ラベルを確実に無効化します。チェックポイントの最小のラベルでも最大50%の性能向上が認められています。

  • 人気の高いスキャナーやPOSシステムとの柔軟でシームレスな統合

  • RFIDラベルおよびタグを使用する店舗向けのRFID対応

  • 意図しないタグ消去や「スウィートハーティング」への対応

  • 確実に性能を発揮するためのセルフモニタリング機能

Counterpoint ECO タグ消去装置

スピーディーで確実に無効化

Counterpoint ECOは、レジでRFラベルを無効化するソリューションです。

カウンターポイントECOは、最新のタグ消去装置の一つです。小型ラベルの消去性能の向上、カーボンフットプリント削減をサポートし、主要なスキャナーやシステムにシームレスで統合できます。

カウンターポイントECOは、スキャンするだけでタグを無効化。ラベルの迅速かつ確実な無効化、レジ業務の負担軽減、出入口での誤報を最小限に抑えることにより、顧客のショッピング体験を向上します。

  • 小型ラベルに最適、性能向上

  • 主要なスキャナーやシステムとの柔軟な統合

  • スキャンで簡単に無効化、レジ業務に負担がかからない

  • 低い消費電力