インテリジェント・ソフトウェア・ソリューション

顧客行動の変化に応じて、小売業も変化しています

ソフトウェアが日常生活の一部になった現在、カスタマーエクスペリエンスをこのデジタル変革の中心に据えることが重要です。デジタル化、オンライン対応、オムニチャネルを活用したカスタマーエクスペリエンス向上こそ、企業が優先的に取り組むべき課題といえます。

ビジネスのあり方をインテリジェントに変える

チェックポイントのビジネスインテリジェンス(BI)は、ハードウェア、消耗品、サービスを1つのソフトウェアプラットフォームにつなぎます。単なる店舗データを実用的な洞察へと高め、情報に基づいた意思決定を行うことで、よりよい成果をもたらします。

フォーカスする6つの分野

インテリジェントなソフトウェアサービスを通じて、業界最高品質のラベルやタグ、ハードウェアをさらに有効活用することができ、継続的にカスタマーエクスペリエンスを向上します。

サプライチェーンの管理

RFID:在庫のトラッキング、在庫精度の向上、ロスの最小化、設備投資の最大化を支援

DCでの在庫精度向上

RFID:オムニチャネルとサプライチェーンの効率性を向上し、ロスとエラーを削減

店舗在庫管理

RFID:店内の在庫精度向上、カスタマーエクスペリエンス向上、設備投資の最大化

店舗オペレーション向上

店内の各種センサーから得られるリアルタイムデータを集約。カスタマーエクスペリエンス向上、ロス削減

オムニチャネルの活用

RFID:エラーの削減、効率性向上、オムニチャネルのカスタマーエクスペリエンス向上

ORC(組織集団による大量盗難)対策

リアルタイムのデータ分析により、組織犯罪による大量盗難を防止

必要なときに、必要なデータを

チェックポイントのクラウドデータベースは、データを最適化するために以下の3つのレベルで設計されています。

店内でのリアルタイムアラート

「リアルタイム」でのレスポンス

店内のセンサーの中には、迅速な対応が求められるものがあります。アラートを即時に通知することで、従業員はすぐに対応することができます。

呼び出しボタン、シェルフスイープ、CCTVからのアラートに対して、従業員は迅速な対応が求められます。店舗のエッジボックスが、これらのイベントをリアルタイムで通知します。対応までにかかる時間はクラウドに送信され、店舗のパフォーマンスが管理されます。

イベントの伝送処理

「準リアルタイム」でのタスク管理で、次の行動を導く

イベントデータを一旦クラウドにデータを送信してから、準リアルタイムでモバイル端末に返送するという技術は、ごく一般的に使用されています。

例えば、「サイズ10」のジーンズが欠品しているという通知を受け取るまでに5秒遅れたとしても、問題ではありません。

ダッシュボード分析

パフォーマンスとKPIレビュー

リアルタイム、または準リアルタイムで入手したこれらの情報は、どのように活用すべきでしょうか?

チェックポイントのダッシュボードでは、すべての店舗、DC、倉庫における日々のデータを管理することができます。

クラウド内の直感的なプロセッサーは、ダッシュボードページのレポートに最も関連性の高い情報を表示します。

このページから、レビュー、パフォーマンス比較、個々の項目へのドリルダウンができます。各センサーやテクノロジーがどのように役立っているかを把握したり、また問題のある分野を特定することができます。